巷で噂の仮想通貨って何?

誰も価値を保証していない電子的な通貨

仮想通貨が世間の話題になることが増えています。たとえば、特定の仮想通貨の価値が高騰した、あるいは暴落した、あるいは仮想通貨による収入に対してどのような税金をかけるのかといったものです。ただ、そもそも仮想通貨とはなんなのかということがわからず、存在自体は認識しているものの、話題についていけないという人も少なくないでしょう。では、具体的に仮想通貨とはどういったものなのでしょうか?
仮想通貨の定義は、基本的に「誰も価値を保証していない電子的な通貨」というものになります。たとえば、日本のお金は政府がその価値を保証しています。一万円札は紙でできていて、原料自体には一万円の価値はありませんが、政府が一万円の価値を保証しているので一万円として流通しているわけです。
しかし、仮想通貨は誰も「これはいくらの価値がある」と保証していません。そこが普通のお金と仮想通貨の一番の違いです。

利用者増に伴い価値が上がっている

では、なぜ本来は無価値な仮想通貨に、世界中の人が群がっているのでしょうか。これは大きく分けて二つの理由があります。まず一つ目は、普通のお金と比べて利便性が高いということです。仮想通貨は銀行を通さず、しかも匿名で第三者に送金することが容易という特徴があります。このことをメリットと考える人が大勢いるのです。
二つ目は、使う人が増えるにつれて価値が上がってきたということです。仮想通貨の利用者数は右肩上がりなので、今、購入しておけば将来的に高い値段で売却できるかもしれないと考える人がどんどんお金を投じています。そのため、利用者の増大と買う人が増えたことによる相乗効果で、一層、価値が上がっているというわけです。